タグ:世の中 ( 38 ) タグの人気記事

死を迎える人

骨転移した末期癌の人・・・
麻薬と痛み止めを使うが殆ど効かない。
痛い・・・と歯を食い縛り体が震えている・・・。

アタシたちは無力だ・・・。
ここは介護施設・・・
受診の予定は12日
もう3日も苦しんでいるけれど、
金銭的理由と家族の理由で決まった日にしか
受診出来ない。

これが現実・・・彼の現実、家族の現実、施設の現実・・・

彼の耳元で懐メロを歌う。
お嬢様が生まれた時の気持ちを聞いたり
苦難を乗り越えた時のお話を聞いたり・・・

それでも、本当は今アタシたちがしたい事は
彼の苦痛を取り去ってあげる事なのに・・・。

d0036742_10335555.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]

by n_773m | 2013-12-11 10:35 | 日常のetc.

続・飛び込んで来た人

アタシは自分の傷の消毒で
昨日のクリニックへ行った。

受付のひとに手招きされる・・・

はい?

受付の方が小さな声で耳打ちする


     昨日の方のご家族が来てね
     どうしてもお礼を言いたいって
     お手紙預かってるの
     
     本来患者さんのお名前も住所も
     教えないきそくだからって言ったんだけど
     どうしても・・・と言う事で
     これ、お渡ししてもいいかしら?

解りました・・・
そこまで仰るなら
お手紙読ませて頂きます・・・

そう言って手紙を受け取った

だれからも見えない一番後ろのベンチに座り
そっと封筒を開けると
目に飛び込んできたのは・・・

     熱中症による 脳梗塞でした


そうか!だから痺れると訴えていたね・・・
それを聞いたナースがDr.に報告した結果

『ウチでは手に負えないから、救急要請を!』
と指示したのだね。


ご家族のお手紙によると
本人が嫌がったにも関わらず
よくぞ早い判断で搬送してくれたこと。

そして『お名前はわかりませんが,患者さんの中で
直ぐにサポートして下さった方のお蔭で、一命を取り留める事が出来ました。』とあった・・・。

良かった・・・
間に合ってくれて
まだ30代後半か40代そこそこ女性。



大変な事もこれから沢山あるかも知れない
人生を恨みたくなる事だってあるかも知れない。

けれど・・・
貴方は生かされた

だから生かされた事から逃げずに
早く良くなってほしいと思います・・・


そんな短い手紙をクリックで便箋を借り
ご家族宛に送ってもらう事にした。

d0036742_2334151.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]

by n_773m | 2013-07-12 23:35 | 日常のetc.

飛び込んで来た人

毎日暑い・・・とにかく暑い

そんな中 世の中では外で仕事をする人が沢山居る


たまたまアタシが受診に行ったクリニックで
午前の診療が終わるギリギリ
一人の女性が飛び込んで来た

女性は一目で
某宅急便の仕事だと解る制服を着ている

   スイマセン・・・気分が悪いんです・・・お願いします

そう言うと受付で崩れそうに
しゃがみ込んだ

たまたま一番近くにアタシは座っていたので
すぐさま抱きかかえ
ベンチに横になってもらう

同時にナースが濡れタオルと冷却材を持ってきて
頸部に充てる

手足が痺れていると言う
意識混濁の一歩手前

傍にあった本で扇ぎながら
制服のボタンとズボンのボタンも外す

そこは小さなクリニック
対応しきれないとの事で
救急要請

彼女はしきりと「救急車は嫌・・・」と言い
本で扇いでるアタシに「ごめんなさい、有難うございます・・・お礼をしたいので名前を・・・」
と繰り返す

        気にしなくて良いから、大きな病院行きましょう

そう彼女に声を掛けると
ポロポロと涙してしまう彼女

声を掛けながら意識変化を見てしまうのは
職業病かも知れない・・・

ほどなくして救急隊到着

状態の確認を本人に救急隊がする
彼女の意識はかろうじて
保たれている

両脇を支えられながらクリニックを出る時
彼女は再度振り向いて
              「有難う・・・お名前を・・・」と・・・


彼女は炎天下
上司と一緒に配達の仕事をしていたが
帰宅しろと言われて帰ってきた所だったらしい

あのまま帰宅していたら・・・
危なかったかも知れない

d0036742_22425615.jpg


          



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]

by n_773m | 2013-07-11 22:45 | 日常のetc.

明け方の急変

本日、夜勤明け。

施設の朝は早く
経管栄養の方々は
早朝4時から排泄介助に入る。

「さぁ1日が始まるぞ♪」と言う
まさに明け方4時・・・
管理室の有る階を通り掛かると
ザワザワしている。

   どした??

ザワザワしている方に何となく声を掛けると

     Aさん!急変!!

ナースが叫ぶ

体が既に冷たくなり始めている。
心停止・・・

   心マする?!

傍らのナースに聞くと

     やって!ドクターコールする!

戦いが始まる・・・


Dr.が到着するのに
最短でも30分は掛かるだろう。
系列施設に居るのは判ったが
何時に着けるとは言ってなかったと・・・。

つまり到着するまでは
心マを続行する必要が有る。

O2を使っている人なので
最大にする。

10分・・・20分・・・
他の方々の排泄に入らないと
失禁が続出してしまう。

一人のスッタッフに出来る所だけでいいから
排泄入って!とお願いする。

90名弱の施設に
夜勤帯はケアスタッフ3名
ナース2名
心マはケア2名で交代しながら
ナース1名はタン吸引やバイタルチェック

もう1名のナースは全員の経管準備
残り1名のケアが50名近い人たちの
排泄介助に入る・・・
本来はそこで着替えも有るけれど
とても1時間で50名は無理だ。

心マを交代で続行しながら
空いた方が排泄介助に入る
せいぜい1・2名しか出来ない。

汗だくになりながら
主任や施設長や
その他必要な所へ電話連絡をする。


   Aさん、肋骨痛いよね・・・
   ごめんね・・・


こんな時の1時間とは
何と果てしなく長いのだろう・・・


結局 Aさんは戻って来なかった


駆けつけたご家族に
夜勤スタッフ全員で

   お役に立てず
   申し訳有りませんでした

と頭を下げる



何が有ろうと
施設の1日は始まる

ウラでどんなにドタバタしても
1日は始まる


お互いを労い
夜勤者は
そっと・・・帰る

例え主任や施設長が不機嫌な顔をしていても
その時
アタシたちに出来る最大限の努力は
アタシたちにしか
判らないのかも知れない・・・。

d0036742_1311452.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]

by n_773m | 2012-10-12 13:04 | 日常のetc.

研修が終わって

介護士になって3年
早いものです

8月末から研修があり
本日めでたく終了しました

良い仲間と良い講師陣に恵まれ
貴重な時間を共有する事が出来
本当に感謝しています

最後は 涙を堪えるので必死
抵抗虚しく・・・
土砂降りでした


言葉が適切ではないかも知れませんが
『介護職もマンザラではない』と
今は感じています


人の前に立ち仕事をするのは
あまり好きではありません

どちらかと言えば
人の影になり
基礎を充実させる事で
本人が輝けば良い・・・

そんな仕事が性に合っています

介護は
不便な部分をさり気なく手助けする事で
本人が輝いて生きて行ける

あたかも自力で頑張ったように感じながら・・・

そう思うのです


だからかも知れないと・・・
マンザラでもないと感じているのかも知れません

人に注目され
絶賛される事も
素晴らしい能力だと思います

でもアタシは
人の影で
さり気なくする仕事が
好きなのです


少し老けた4年目のヒヨコは
これからも又
ピヨピヨと走り回りながら
誰かの後ろから
そ~~っと背中を・・・
押して行こうと思います

d0036742_12403728.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]

by n_773m | 2012-09-05 12:42 | 日常のetc.

依願退職

アタシが今の施設に入職した時から居た
30代独身 男性職員
アタシはとても不思議でした

      無断欠勤5回
      無断遅刻2回

      家は施設から歩いて2分

      仕事は中途半端で
      汚い

      それでも解雇されずに
      毎日グチばかり言って
      給料貰えるのは
      介護業界の甘さでしょうか?

      信じられません。


この状況を横目で見ながら
完全な『介護業界の甘さ』だと
ウンザリしていました


彼は10月から移動が決まっていましたが
移る先には
彼の天敵である『女史』が居て
内心・・・危ないなぁと思っていました

彼女はダラシのない行動や
勤務態度は勿論
絶対に許さないし
その場で(良い悪いは別として)
追求するタイプ

甘やかされて来た彼にとっては
天敵です
それは幾ら雑な会社でも
判っているはずなのに・・・

もしかして『潰れても良い』と思っていたのか・・・



ま、それはさて置き
先日の事です

彼は遅番で珍しくアタシの担当する階で
アタシ自身は夜勤

彼が帰り掛け言うのです

   「明日 早番だけどさぁ どうせココの階だろうから。
    さぁ早く帰って風呂入って出かけなくちゃ!
    お疲れ!!」


こりゃ来ないな・・・


今までに何度やられた事か


案の定 朝7時
夜勤リーダーから電話が来ました

   「○○君 上がってますか?」

    来てないよ、無断欠勤じゃない?

またしても・・・でした



何とか朝食の介助も薬も
朝の排泄も全部一人でやり
フラフラになりながら仕事を終え
タイムカードを押しに行くと
施設長が書類を手に
電話をしています

         あのさぁ、今回はもうもみ消せないよ。
                移動?
          その話は無かった事にしてくれる?
            書類 書いて欲しいんだよ。
         今なら『依願退職』にするからさぁ・・・

何とも
温情の有る?
甘っちょろい事でしょう・・・

d0036742_21352745.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]

by n_773m | 2012-09-01 21:38 | 日常のetc.

警察からの留守電

はぁぁぁ・・・
警察から留守電が入ってたのを
夜中に確認。
母親が昨日の昼間駅前で転び
パトカーで家に送ったと。
訪問介護の事業所にも連絡しておいたと。
それにしても・・・
事業所からは何も留守電入って無かった。

こんな時ACは嫌なもんだ・・・。

もしかしたら事業所から連絡が無かったのは
アタシへの計らいかも知れぬと思う。

母の件で電話をくれた警察官に
アタシが言ったのは
「振り込め詐欺かと思いました。」・・・

(今まではちょっと家の中で何かにぶつかっただけでも電話して来てた)

「こりゃ例の詐欺の手口と思った。」

と言ったら、物凄いウケた。


だって電話番号は区の警察署
『生活安全課』の物。

留守電の内容は
部署名と電話して来た警官の名前と
最後に一言「お母様の事故の件です。」と・・・


アタシにしてみたら
何だ?それ?! 


でも・・・普通の事なのだろう
家族と言われる人間に
連絡が有るのはね。

タンコブが出来ただけだと言う。

アタシは職場に連絡しなきゃならんかと
密かに困惑していたけれど
ACはこんな時
二面性を装わなきゃならず
酷く疲れるのである。

d0036742_16215485.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]

by n_773m | 2012-08-21 16:23 | 日常のetc.

終わり方

色々と疾患を抱えている親に
食べたい物をしこたま食べさせた家族が居た。

1日の摂取カロリーは
ざっと計算しても4000キロカロリー
殆ど寝たきりなのに。

誤嚥性肺炎で2日前に入院
本日亡くなった
心臓がもたなかった。

身長153センチで80キロ・・・
それで良かったの?

アタシたちは再三
忠告していた。

   元気な時は良いかも知れないけれど
   一旦 具合が悪くなった時
   心臓が耐えられなくなる・・・って。

その通りになってしまったけれど
ご本人は ご家族は
それで満足だったのだろうか?

その答えは
聞く事が出来ないけれど・・・。


                合掌

d0036742_21361875.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]

by n_773m | 2012-08-15 21:37 | 日常のetc.

温度差

アタシは精神的・肉体的暴力を受けながら 育った

今母は入院している・・・

母、今日退院するはずだったが
来週になった

アタシは 正直 ホットした

家に居れば薬は眠剤しか飲まず
何をどうしても
過剰服薬してフラつき
転倒して怪我をする

怪我をしてはヘルパーさんが大騒ぎして(心配して)
「お嬢さん お母様が大変です!」と
電話をして来る


入院先の担当医とケアマネと担当ヘルパー
アタシの4人で面談

担当医が開口一番に言う
「バックグラウンドは判らないけれど、あの方(母)は統合失調症だと思うけど?
 受診はしてないの? 認知ではなく、あの妄想の激しさは統合失調症だと思うよ。
 それも、かなりのネンキが入ってると思うけど。」

次にアタシに聞く
「どこまで関われる?それとも一切の関わりを持ちたく無い?」


話は次第に進み
退院後のケアプランを早急に作って下さいと
ケアマネに、担当医は言った

そこから・・・
ケアマネと担当ヘルパーは(主にケアマネ)
『どんなに大変な思いをして、ケアしているか』を
切々と語る(機関銃のように・・・)

アタシは聞いている・・・

担当医も困った顔をしている

アタシは自分の意見を言って見た

   今までどんなに服薬できるよう工夫をしても
   自分で勝手に中止するものは中止する。
  
   これからも それは変わらないと思う。

   24時間監視してる訳には行かないし
   縄で縛って精神科に連れて行く訳にも行かない。

   何かあっても、死にそうになっても
   或いは 死んだとしても
   この段階では
   彼女の自己責任だと思う。

   全ての延命は アタシは望まない
   呼吸器も胃ロウも。

   そう思っているので
   在宅で毎日限られた時間
   介護に入って頂けるのは
   大変有り難く
   それ以外に転倒しても
   怪我しても
   何があっても
   その責を介護事業所やヘルパーに問おうなどと
   微塵も思って居ない

   『仕方の無い事』は世の中に
    当然沢山ある

   介護保険制度が出来
   彼女(母)が保険料を支払った結果
   制度を利用出来
   それによって僅かな時間だけ
   恩恵を受ける事が出来る

   それで充分だし
   それ以上を望んだとしたら
   
   それは 間違っていると思う

そこまで言うと
担当医がアタシを見つめた。
そして・・・微笑んだ。

「貴方は良く判っているね。それで良いんだよ。御本人の生き方でもあるからね。」


彼女(母)は
多分 若い頃から精神疾患を患っていたのだろう。
子供のアタシには、そんな事判る訳もなく
判ったからと言って
何も出来なかった。

出来た事は・・・
日々 両親の暴力に耐え
死なずに生き延びると言う事だけだった。

アタシは彼女の精神疾患を指摘してくれた担当医に
本当に感謝した。

しかし・・・
ケアマネも担当ヘルパーも
全く納得していない。

今回たまたま担当してくれた医師に
『介護する上で どんなに大変か!』と
まだ訴えていた。

この温度差は何処から来るのだろう?
凄まじいまでの情熱なのか?
アタシが冷めているからか?

担当医はケアマネに言う
「完璧なんて無いんだよ。お嬢さんも言ったように、仕方の無い事なんか
 山ほど有る。医療だって介護だって、本人がNO!と言えばそれまでなんだよ。
 あんまり追い詰めちゃダメだよ。ケアプラン作ってね。」

どっちが『家族』に見えるんだろう?と
考えてしまった場面だった。 






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]

by n_773m | 2012-01-06 19:30 | 日常のetc.

変化する世の中

一昔前までは
親の面倒は子供が看て当たり前と
日本の社会はレールが出来ていた

介護保険制度がスタートし
高齢化社会が浮き彫りにされ
不況の御時世に
共働きも珍しくなく
専業主婦を探す方が
難しくなっている

同時に
児童虐待も それまでより
問題視されるようになってきた

虐待されて育った子供も
親の介護に直面する

心の叫びは聞こえる訳もなく
言葉にした所で
理解されない苦しさに
また追い詰められる

アタシには・・・
思い余ってしまう行動が
簡単に想像出来る


一昔前まで
誰も耳を傾けてくれなかった・・・
逃げる事でしか
安全な場所は無かった

アタシも そうだった


今回 母の立て続けの入院に伴って
色々な事を申請し直さなければならない

関わる事が苦しく
考えただけで 眠れない
当然 食欲など無い


『お役所』と関わる事も増え
経緯をその度に説明しなければならないのか・・・と
説明した所で
今までと同じように
「親の世話は・・・」と言う言葉に
またウンザリするのかと・・・
内心・・・
消えたい気持ちで一杯だった


今日も書類の事で役所に呼び出され
仕事帰りに窓口へ

窓口のCWはアタシの顔を見て
「お話聞かせて下さい。訪問の方からも聞いてますが、最低限の関わりで良いのですよ。」
といきなり言う

世の中は変わった・・・
そう思ったら
また涙が出た


少しだけ元気が出る

『人に傷つけられた心は、人の心でしか救えない』

そんな言葉を思い出した

d0036742_054512.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]

by n_773m | 2011-12-22 00:08 | 日常のetc.