「ほっ」と。キャンペーン

本日、新しい職場の初出勤。
細かい事は色々違うけど…
楽だ!人も良い!当たりだわ!!

事の発端は約6年前に遡る。

初めて介護職として就業した会社の入社日に
隣りで同じく入社日だった彼と出会った。
『冴えないヤツ』と言うのが第一印象…

だが彼は施設長となり、去年 他の会社へと
移って行った。
「絶対に呼ぶから、その時は来いよ。」
そんな事を言い残して…。

人生は何が有るか分からない。

d0036742_16151360.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]

# by n_773m | 2015-03-03 16:11 | 日常のetc.

輪廻

仕返しではなく…
与えられた苦しみや哀しみを
相手に返して行く。

理不尽を許すなんて
出来るとは思えない。

そもそも そんなに簡単に処理出来るなら
誰も傷付いたりしないだろう。

いつも堂々巡りを繰り返し
最後は自分が悪いのか?と負のスパイラルは続く…

相手に返す…背負った苦悩を
返して行く…

やっと やっと 出来た気がした…

世界はこんな色だったのか…
初めて感じられた
日常と言う幸福な色。
d0036742_19445977.jpg


[PR]

# by n_773m | 2014-07-04 19:47 | 日常のetc.

死を迎える人

骨転移した末期癌の人・・・
麻薬と痛み止めを使うが殆ど効かない。
痛い・・・と歯を食い縛り体が震えている・・・。

アタシたちは無力だ・・・。
ここは介護施設・・・
受診の予定は12日
もう3日も苦しんでいるけれど、
金銭的理由と家族の理由で決まった日にしか
受診出来ない。

これが現実・・・彼の現実、家族の現実、施設の現実・・・

彼の耳元で懐メロを歌う。
お嬢様が生まれた時の気持ちを聞いたり
苦難を乗り越えた時のお話を聞いたり・・・

それでも、本当は今アタシたちがしたい事は
彼の苦痛を取り去ってあげる事なのに・・・。

d0036742_10335555.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]

# by n_773m | 2013-12-11 10:35 | 日常のetc.

本との出会い

これからのアタシの人生を
支えてくれる
本たち・・・

d0036742_1654217.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]

# by n_773m | 2013-12-02 17:02 | 日常のetc.

臨床への夢

ナースが次々と聞いてくる・・・
「辞めるんだって?」

アタシの思いを話すと

 「慣れた人が居なくなると痛手だけど、誰もが道を開ける訳じゃない。
 偉いよ、良く決心したね。」

そう言ってくれた。

嬉しかった・・・
この言葉だけで
此処に居た意味と時間が
満たされていく・・・

12月半ばからは新しい職場

つくばでは無いけれど
これも縁と言うものだろう・・・

d0036742_144968.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]

# by n_773m | 2013-11-29 14:49 | 日常のetc.

読み返す

d0036742_21192076.jpg以前の記事を読み返していました

入居者の方に何とか
窓の外の月を見せようと
手鏡を探していたアタシ・・・

今のアタシに この心のゆとりは
あるだろうか・・・


色々な事に慣れ過ぎた自分の背中しか
見えない気がします


自分の歩いて来た道を
読み返してみましょう・・・

『慣れる』と言うことは
自分を膨らます事

何かを失ってはいけないのだと
改めて思いました


8日に面接試験を受けに行きます

あの つくばへ・・・



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]

# by n_773m | 2013-10-03 21:19 | 日常のetc.

プレゼント

先日の夜勤で
仲良しのナースと一緒になった

密かにプレゼントを用意していた

理由は彼女が正看になったから♪

夜勤の時あたし達はスクラブと言う
手術着のような物に着替える
とにかく暑くて・・・
ユニフォームではとても居られない

で・・・
彼女にプレゼントしたのは
ちょっと高かったスクラブ

実は初め自分用に買った物だったけど
スクラブの中でもオシャレなデザインで
女性らしい品の良い濃紺が気に入ったのだけど
ちょっと・・・
動くと窮屈だったのだ(笑)

交換してもらおうかと思ったが
彼女が国試を控えているのを思い出し・・・
それとなく聞いてみた

「買って着てみたけどちょっと合わないから
 袖通したのでも良い?」
って・・・。

全然OK! って言うので
先日持って行った


着てごらんよ♪

夜中の管理室でゴソゴソと着てみると
    
     あら!ちょうどイイじゃん!

確か高かったよね、これ!と言う彼女に
そうでもなかったと(o^―^o)ニコ

とても喜んでくれて
良かった良かった♪


社会人枠で学校に入り
しかも奨学金まで手にした頑張り屋さん

御下がりと言う名目で
まんまとプレゼント出来たのでした

d0036742_233507.jpg



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]

# by n_773m | 2013-08-12 23:07 | 日常のetc.

続・飛び込んで来た人

アタシは自分の傷の消毒で
昨日のクリニックへ行った。

受付のひとに手招きされる・・・

はい?

受付の方が小さな声で耳打ちする


     昨日の方のご家族が来てね
     どうしてもお礼を言いたいって
     お手紙預かってるの
     
     本来患者さんのお名前も住所も
     教えないきそくだからって言ったんだけど
     どうしても・・・と言う事で
     これ、お渡ししてもいいかしら?

解りました・・・
そこまで仰るなら
お手紙読ませて頂きます・・・

そう言って手紙を受け取った

だれからも見えない一番後ろのベンチに座り
そっと封筒を開けると
目に飛び込んできたのは・・・

     熱中症による 脳梗塞でした


そうか!だから痺れると訴えていたね・・・
それを聞いたナースがDr.に報告した結果

『ウチでは手に負えないから、救急要請を!』
と指示したのだね。


ご家族のお手紙によると
本人が嫌がったにも関わらず
よくぞ早い判断で搬送してくれたこと。

そして『お名前はわかりませんが,患者さんの中で
直ぐにサポートして下さった方のお蔭で、一命を取り留める事が出来ました。』とあった・・・。

良かった・・・
間に合ってくれて
まだ30代後半か40代そこそこ女性。



大変な事もこれから沢山あるかも知れない
人生を恨みたくなる事だってあるかも知れない。

けれど・・・
貴方は生かされた

だから生かされた事から逃げずに
早く良くなってほしいと思います・・・


そんな短い手紙をクリックで便箋を借り
ご家族宛に送ってもらう事にした。

d0036742_2334151.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]

# by n_773m | 2013-07-12 23:35 | 日常のetc.

飛び込んで来た人

毎日暑い・・・とにかく暑い

そんな中 世の中では外で仕事をする人が沢山居る


たまたまアタシが受診に行ったクリニックで
午前の診療が終わるギリギリ
一人の女性が飛び込んで来た

女性は一目で
某宅急便の仕事だと解る制服を着ている

   スイマセン・・・気分が悪いんです・・・お願いします

そう言うと受付で崩れそうに
しゃがみ込んだ

たまたま一番近くにアタシは座っていたので
すぐさま抱きかかえ
ベンチに横になってもらう

同時にナースが濡れタオルと冷却材を持ってきて
頸部に充てる

手足が痺れていると言う
意識混濁の一歩手前

傍にあった本で扇ぎながら
制服のボタンとズボンのボタンも外す

そこは小さなクリニック
対応しきれないとの事で
救急要請

彼女はしきりと「救急車は嫌・・・」と言い
本で扇いでるアタシに「ごめんなさい、有難うございます・・・お礼をしたいので名前を・・・」
と繰り返す

        気にしなくて良いから、大きな病院行きましょう

そう彼女に声を掛けると
ポロポロと涙してしまう彼女

声を掛けながら意識変化を見てしまうのは
職業病かも知れない・・・

ほどなくして救急隊到着

状態の確認を本人に救急隊がする
彼女の意識はかろうじて
保たれている

両脇を支えられながらクリニックを出る時
彼女は再度振り向いて
              「有難う・・・お名前を・・・」と・・・


彼女は炎天下
上司と一緒に配達の仕事をしていたが
帰宅しろと言われて帰ってきた所だったらしい

あのまま帰宅していたら・・・
危なかったかも知れない

d0036742_22425615.jpg


          



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]

# by n_773m | 2013-07-11 22:45 | 日常のetc.

夜明けの お見送り

夜勤明け・・・雨です。

実はもう1ヶ月くらい
足の爪が指に食い込んで
化膿しています。
紫色にもなってます。

他のスタッフが気を使ってくれて、担当の階を変えてくれた・・・けど

一人旅立たれました・・・

以前の日記にも書いた方
『寄り添う介護』に出てくる
S朗さんです。


ご家族が到着し、ご一緒に施設を離れる時
お見送りしたスタッフの中で
アタシを見つけてくれました。

   『至りませんで申し訳御座いませんでした。』
とご挨拶したアタシに掛けて下さった言葉・・・


「とんでもない!本当に有難う。母が残りますが、宜しくお願いしますね。」と・・・。

「父は入院した事にするので、宜しくお願いしす。」
・・・涙出ました。


  『承知致しました、どうぞお気を付けて・・・』

そうお返事するのが精一杯でした・・・。

d0036742_23422917.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]

# by n_773m | 2013-07-05 23:43 | 日常のetc.